ブロックチェーンゲーム関連銘柄(7銘柄)-お祭り必至!?

ブロックチェーンゲームの画像

2018年に入って、世界中でブロックチェーンゲームが数多くリリースされてますね。

残念ながら日本の企業は後れをとってしまっている状態。

 

とはいえ、すでに世界で400以上ものゲームがリリースされていると言われている中で、ブロックチェーンゲームに対する期待感は株投資家の中でも高まってますよね。

実際にMMORPGゲームなどもリリース済なんですよ。

僕(まっち)も、ブロックチェーンゲームは投資対象としてもゲームとしても気になっていて、関連銘柄はいずれ爆謄するときが来るんじゃないかと思っています。

 

なので、早々にブロックチェーンゲーム関連銘柄をチェック、狙いを定めておこうという事で、まとめ。

ブロックチェーンゲーム関連銘柄

まずは、「ブロックチェーンゲームなんて流行るの?

という所から。

 

ブロックチェーンゲームは言葉の通り、「ブロックチェーンの仕組みを利用して動くゲーム」。

じゃぁ、どんなメリットがあるのかというと、


  1. 仮想通貨(トークン)がゲーム内通貨として利用されるので、ゲームが無くなっても資産が残る。
  2. アイテムなどはプレーヤー同士で売買が出来る。
  3. サーバーダウンやデータの消失が無い。

など、今までのゲームとはかなりの違いがあるんです。

日本円に換金できるトークンを使うので、ゲーム内でアイテムなどを販売することによってお金が増えることも。

 

とまぁ、今までのゲームの常識がガラッと変わる可能性があるわけなので、株トレードにおいても銘柄の評価が一変することも。。。

なので、早いうちに関連銘柄を押さえていくに越したことはないですね。

ブロックチェーン関連銘柄

ここではLINEとかの大型銘柄は放っておいて、バーガー候補の中小銘柄に絞ります。

ズバッと関連銘柄(4銘柄)とブロックチェーン周りというか、怪しい感じの銘柄を少々(3銘柄)。

では、関連銘柄。

3624 アクセルマーク

既に”事業化”を決定して、

・ユーザーが DApp 関連の情報収集を容易にするためのメディア「BLOCKCHAINgame.jp(仮)」の提供
・仮想通貨を用いてブロックチェーンアイテムの交換ができるデジタルアイテム取引所の提供
・ユーザーが生み出したり、取引で購入したブロックチェーンアイテムを利用して遊べるゲーム等の提供

引用:仮想通貨及びブロックチェーン技術を活用したオンラインエンターテインメント事業への参入について(アクセルマーク株式会社)

を行う予定。

ブロックチェーンゲーム関連としてはかなり期待感が大きいですね。

 

3912 モバイルファクトリー

こちらも具体的な事業の内容についてリリース済み。

「ブロックチェーン関連サービス」概要

モバイルファクトリーでは2018年1月19日付け決算短信等において開発着手を開示した「ブロックチェーン関連サービス」については、現在3つのフェーズに分けてリリースを準備しており、研究開発を進めています。

1. モバイル対応のブラウザ兼仮想通貨ウォレット「pochi – ポチ – (※仮称)」
2018年夏頃リリース予定。

2. アプリケーションプラットフォーム「uniqys – ユニキス – (※仮称)」
研究開発に着手。コンプライアンス充足に向け準備中。

3. 「uniqys – ユニキス – (※仮称)」上のゲーム
2.と同時リリース予定。

引用:モバイルファクトリー 、ブロックチェーン事業の概要と今後の見通しについて 〜ブラウザ兼ウォレットの提供とプラットフォーム構想も〜(ニュースリリース)

ゲームのリリース予定も記載があるので、やはりこちらも本気度MAXですね。

 

3696 セレス

仮想通貨イーサリアム上で取引可能なブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」グッドラックスリーと共同開発

ということで、2018年春にゲームがリリース予定。

こんな映像です。

ゲーム「くりぷトン」の画像

「くりぷトン」の育成ゲームですね。

育てた「くりぷトン」を取引所で売買できるというのがブロックチェーンゲームのだいご味。

恐らく日本で最初のブロックチェーンゲームのリリースになる予定なので、注目度は高め。

 

3686 ディー・エル・イー

ブロックチェーンゲーム開発専業 double jump.tokyo 株式会社を子会社化 2018 年夏に新作ブロックチェーンゲームを公開予定

DLEもブロックチェーンのゲームリリース予定のIRを発表。

ブロックチェーン技術を活用したゲーム領域に参入することで、DLEグループのゲーム事業の事業領域を拡大するとともに、こ
れまでにはない、新しい世界の実現を目指すべく、積極的な事業展開を行ってまいります。

とあるように、ブロックチェーンゲームの事業拡大に積極的です。

 

ここから怪しい感じの銘柄を3つ。

3845 アイフリークモバイル

将来的には、すでに「Switex」を利用している全世界のゲーム会社との相互連携も容易となることから、当社が有する約 25 万点のキャラクターコンテンツや「ミライッポ Startup IPO」に登録されるキャラクターをライセンス提供し、全世界のゲーム会社がゲーム化するという展開も見込んでおります。

引用:The NAGA Group AG GmbH との業務提携に関するお知らせ(株式会社アイフリークモバイル)

※「Switex」とはは”先駆的なブロックチェーン技術を活用したアイテムの売買システム”

と、ゲーム回りへの参入意思は確認。言っていることが大きすぎて良く分かりませんが笑。

 

思惑がそれだけにとどまらないのは、2018年4月4日に株式会社アイフリークGAMESが本格稼働した、とのプレスリリース

ブロックチェーン技術の会社と業務提携、ゲーム会社の新設。

これは期待させられちゃいます。。。

 

6552 GameWith

ブロックチェーンゲームハッカソン byLoom Network×GameWithを開催しました!

ゲーム屋でも何でもないGameWithがブロックチェーンに興味を持ち、”いろいろと”取り組んでいる様子が分かるNEWSです。

このNEWSの最後に、

またGameWithはブロックチェーンエンジニアを募集しています!興味のある方はこちらからぜひご応募ください!

との一言。

もともと事業展開などの評価が高いだけに、ブロックチェーンゲーム進出の可能性も無きにしも有らず。。。

 

6177 AppBank

先に言っておきますが、”ブロックチェーンゲーム”の関連ではありませんので。。。

 

類似として、”仮想通貨を利用する”ゲームを提供する銘柄です。

プレスリリース:【新サービス】仮想通貨配付コンテンツプラットフォーム『@ BLAST』の提供開始!

 

ゲームの仕組みは今まで通りですが、ゲームの中で仮想通貨が流通されるという内容。

面白いので物色されるかもですね。

関連記事

  1. 株価上昇の画像

    2018年春IPOの不発状況

  2. 血液幹細胞のイメージ画像

    再生医療セクターを丸わかりしよう!

  3. ビーブレイクシステムズ指標の画像

    3986ビーブレイクシステムズのコト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP